開業時にどこから資金調達するか

開業時にどこから資金調達するか

自治体


県や市などが創業者向け融資制度を設けている場合もあります。制度の名称や融資条件はそれぞれ異なりますので、創業予定地の自治体の担当課に問い合わせてみましょう。

 

自治体が支給する補助金などもあわせて問い合わせるとよいでしょう。

 

 

金融機関

 

事業を長く続け、拡大していくうえで、銀行、信用金庫、信用組合、日本政策金融公庫といった金融機関との取引は欠かせません。

 

多くの金融機関が創業者向けの融資制度を揃えています。

 

 

クラウドファンディング

 

クラウドファンディングとは、インターネットを通して自分の活動や夢を発信することで、想いに共感した人や活動を応援したいと思ってくれる人から資金を募るしくみです。

 

他の資金調達方法に比べ、テストマーケティングにも使えるなどのメリットがあります。

 

 

親・兄弟や知人

 

まずは、信頼できる身近な人に創業計画を相談してみましょう。

 

計画を説明して賛同を得られれば、資金を融通してもらえる可能性もあります。長期の返済を認めてもらえるなど理想的な条件を組みやすく、最も頼れる先です。

 

<個人事業に関するモノリス会計業務所へのお問い合わせはこちらから>

個人事業主の開業に伴う届出

個人事業にかかる税金