個人事業主の開業に伴う届出

個人事業主の開業に伴う届出

個人事業主の開業に伴う届出については、税務関係と社会保険関係があります。

 

主な届出、内容などについては次の表を参考にしてください

 

(1)税務署等への届出

 

届 出 先 種  類 提出期限・留意点等
税  務  署 ①個人事業の開業・廃業等届出書 事業の開始等の事実があった日から1ヵ月以内
各都道府県税事務所 ②青色申告承認申請書(青色申告したいとき) 原則、申告をしようとする年の3月15日まで
③給与支払事務所等の開設届出書(従業員などに給与を支払うとき) 開設した日から1ヵ月以内
事業開始等申告書など 各都道府県等で定める日

 

 

(2)社会保険関係の届出と留意点

 

届 出 先 種  類 提出期限・留意点等
年金事務所

健康保険、厚生年金保険

①新規適用届

②被保険者資格取得届

③事業主の世帯全員の住民票

など

常勤の従業員5人以上はすべて加入(サービス業の一部等についてはこの限りではありません。)常勤の従業員5人未満は任意加入

(注)個人事業主は、国民健康保険、国民年金の適用となります。届出先は市区町村役場です。

公共職業安定所
(ハローワーク)

雇用保険

①雇用保険適用事業所設置届

②雇用保険被保険者資格取得届
など

従業員を雇用するとき適用事業所となる

①設置の日の翌日から10日以内

②資格取得の事実があった日の翌月10日まで

労働基準監督署

労災保険

①保険関係成立届

②概算保険料申告書

など

適用事業所は雇用保険と同じ

①保険関係が成立した日の翌日から10日以内

②保険関係が成立した日の翌日から50日以内

 

一部、上記以外に届出等が必要または不要な場合や、届出およびその期限等が異なる場合がございます。詳しくは各届出先にお問い合わせください

<個人事業に関するモノリス会計業務所へのお問い合わせはこちらから>

配偶者の税額の軽減

開業時にどこから資金調達するか